受験先に特化した志望動機を述べましょう。

就職活動や転職活動の際、履歴書の記入でも面接でも、一番の要となるのが志望動機です。つまりは、なぜその企業を選んだのかという理由を書けば良いのですが、これに苦戦する人も多いものです。複数の企業を同じタイミングで受け、どの企業でもほとんど同じ理由を述べるという人も多いでしょう。しかし、それはあまり良いこととは言えません。どの企業でも同じ理由ということは、どの企業でも当てはまる理由を述べているということです。もし、自分が採用する立場だったとして、他の企業でも当てはまりそうな理由しか述べてこない人を採用したいと思うでしょうか。大切なことは、他の企業でも同じような仕事の求人募集をしている中で、なぜその企業に目をつけて受験したのかというところです。例えば、結果として「職場の雰囲気が良いと感じたから」という理由であっても、求人広告に掲載されている写真を見てこう感じたからとか、企業見学をした際に和やかな空気を感じたからなどといった具体的なエピソードを添えることで、その企業に特化された理由になります。数ある企業の中でも、特にその企業で働きたいのだという気持ちを伝えることが重要です。